小笠原の水先案内人
このごろの小笠原 blog

イルカ

ヤングイルカ

出港して、南へ向かいました。ジョンジニーを眺めて、南島へ泳いで上陸しようと準備していたところへ、イルカ情報がありました。南島はあと回しにして、烏帽子沖へ向かいましょう。8頭のミナミハンドウイルカは、水中に入って待っていると、まっすぐやって来ます。そのまま、すぐ横や下を通り過ぎていきます。

半日でも

おがさわら丸入出港日です。午前は、ドルフィンスイム半日ツアーを催行しました。一日ツアーより時間が限られるぶん、果たしてイルカに遭えるかしらとちょっとドキドキしながらの出港でしたが・・・!まず会ったのは、ハシナガイルカの群です。ベタ凪の海で、イルカたちはのんびりモード。

リピーターさんと

出港するや否や、湾内でミナミハンドウイルカに遭いました。さっそく水中に入ります。若オスの群が、イルカ同士で遊んでいます。少し泳いでは絡み合い、また少し泳いでは停まって絡み合います。歯を見せてるけど、喧嘩ほど激しくありません。タイミングを見て入ると、並んで泳がせてくれることもあります。

たっぷりスイム

夏らしい凪の海です。出港してすぐ、枝サンゴで身体慣らしのスノーケリングをしました。ドルフィンスイムに備えて、船からのエントリーとエキジットも練習します。準備万端整ったところで、イルカ情報がありました!サメ池の東で、ミナミハンドウイルカ13頭の群れです。水中に入ると、待ってましたとばかりに、アダルトが近付いて来ました。

スーパーポッド

台風のうねりがやや大きくなりました。それでも、イルカを探すのには問題ありません。いきなり、タコ岩の南で、イルカの大群です!ミナミハンドウイルカ40頭とハシナガイルカ100頭が一緒にいます。ハンドウ目指して水中に入ると、さーっと通過してしまうこともありますが、次から次へとイルカの群がやってくることもあります。

青に染まる

気にしていた台風のうねりが届き始めました。出港してすぐにイルカの背ビレを見つけましたが、先行した他の船の情報では、方向が変わりやすくて泳げずにいるとのことです。それなら、海況が穏やかなうちに南島へ上陸しようと、スルーしました。ジョンビーチとジニービーチのあたりは、空と海と白砂の対比が鮮やかです

凪!

今日も凪です。兄島瀬戸の西で、ハシナガイルカをウォッチしました。30頭がゆっくりしていたのですが、じきに動きが早くなりました。凪いだ海を泳ぐハシナガたち、なんて美しいことでしょう。ブローが、プクプクと丸い泡を作ります。舳先からは、水面下のイルカの姿もくっきり見えます。

晴れ!

新船・3代目おがさわら丸が、初めてお客様を乗せて父島に入港しました。航海中は全く揺れなかったらしく、皆さま笑顔でピカピカのおがさわら丸から下船されていました。今日は空気が一段と澄み、ウェザーステーションから母島や聟島がくっきり見えていました。さて、新船のように、私たちも晴れ晴れしくツアーに行きましょう。

南島遊覧ツアー

昨日、試験航海として、新船・三代目おがさわら丸が入港しました。この便には、メディアや関係者などおよそ300名が乗船なさってます。その方たちを対象に、午前の南島遊覧ツアーが催行されました。青灯台から出発してすぐ、ハシナガイルカの群れに出会いました。

レアものハンマー

夏空の中、今日もドルフィンスイムツアーに行ってきました!出港したら、まずは南島に向かいます。潮が高いうちに、扇池から泳いで上陸しました。

« 1 12 13 14 19 »
PAGETOP
Copyright © Sea-Tac All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.