小笠原の水先案内人
このごろの小笠原 blog

イルカ

ブローの林立

西側の海は、昨日からの風の影響で波があります。でも、ここ数日の雨と打って変わり、晴天になりました。出港してすぐ、湾内でイルカ情報です。急いで船を向かわせると、2頭のミナミハンドウイルカでした。

杉並区の中学生

杉並区自然体験交流事業として、中学生たちが小笠原に来島されました。入港日の午後は、さっそく、宮之浜に集合しました。まずは、浜に落ちているゴミについてのレクチャーです。人間が海に捨てたゴミによって、どれほどサカナやイルカたちが迷惑しているのか、そうならないように私たちは何をすべきなのか、一緒に考えていただきました。

ブリーチデイ

あれ? 天気予報では晴天の凪と言っていたのに・・・。雲が厚く、風が強く吹いて、海は波が出てます。最初に遭った親子のザトウクジラは、どんどん北へ移動中。なので、このクジラたちを離れて、先に南島へ行きましょう。

子クジラ

穏やかな海です。父島の南側で、イルカ情報がありました。金石沢で、ミナミハンドウイルカ4頭です。さっそく準備して、水中へ入ると、イルカたちは、まっすぐ向かって来ます。通り過ぎながら、こちらをチェックしてるイルカもいました。

派手な

南西の風が吹いて、西側はやや波立ってます。そんな海で最初に遭ったのは、ハシナガイルカたちでした。30頭が船を囲んで泳いでくれます。そのスマートな姿が美しいです。

スラップ

今日は、出港して、まずは南島へ上陸です。東尾根からは、クジラのブローも見えて、ちょっと得した気分です。その間、船は、親子のクジラをウォッチしてました。子クジラのすぐ横で、母クジラはたっぷり水をすくったフルークを上げて潜っていきました。

カメも

さて、それでは出港しましょう、というときに、いきなりイルカ情報がありました。クジラの説明を後回しにして、船を走らせながら、イルカスイムのご注意をお話しします。野羊山沖のミナミハンドウイルカたちは、広がって沖に向かって泳いでいました。

交尾集団

湾口のザトウクジラに行きましたが、すぐにその沖の激しいブローに気付いて、そちらに向かいました。4頭の交尾集団が追いかけっこをしてます。アンダーウォーターブローから、頭を突き出すように浮上してきます。

鯨類三種

風が気になったのですが、思いのほか穏やかな海です。野羊山を回ってザトウクジラを見つけましたが、沖のクジラが気になって移りました。親子とエスコートの3頭です。近付いてすぐに、子クジラがアクティブになりました。

超接近!

西へ戻って、沖のザトウクジラ3頭へ行くと、これがすごい群でした! 好奇心が強くて、揃って船に寄ってきちゃいます。文字通り、まとわりついてきます。船の横にやって来て、それから潜って下を通過していくけど、ゴツン!とぶつかった音が聞こえました。

« 1 15 16 17 19 »
PAGETOP
Copyright © Sea-Tac All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.