小笠原の水先案内人

スタッフ紹介

t_staff_9130226Sea-Tac では、複数のスタッフたちが、皆様をお迎えします。 島内でも群を抜く豊かな経験をもとに、より良いツアーを提供するため、常にトレーニングとミーティングを重ねています。
クジライルカと小笠原を深く愛する私たちに、ぜひ、この海をご案内させて下さい。

p_dolMAKOTO 

st_makoto

“Dancing Whale” キャプテン。79年、学生時代にダイビング目的で初来島。大学卒業後にサラリーマンとなるが、小笠原の魅力を忘れられずに退社、父島のダイビングショップで働く。
89年から始まったホエールウォッチングツアーやクジラ取材のオペレーターをする。OWA(小笠原ホエールウオッチング協会)のクジラ調査にも参加。
93年、小笠原初となるクジライルカ専門ツアー会社Sea-Tacを旗揚げ。
海のことならなんでもござれ、の頼れる海人。東京都出身。

*CMASダイビングインストラクター・OWA認定インタープリター(IWO)・東京都自然ガイド・潜水士・一級小型船舶免許・上級救命技能認定・特殊無線技士

p_dolTOMOKO 

st_tomoko

ベテランツアーガイド。85年初来島。ダイビングツアー中に初めてザトウクジラに出会ったのをきっかけに、興味を持ち始める。
88年、父島に移住。海洋センターでのボランティアワークやOWAのフィールド調査などを通し、鯨類にハマっていく。
スイムをする姿は、まるでイルカ。女性ならではのしなやかな動きは、イルカをも凌ぐ、か?  小笠原のみならず、世界中のイルカクジラに会いに行くのが趣味。東京都出身。

*PADIアドバンスダイバー・OWA認定インタープリター(IWO)・東京都自然ガイド・潜水士・一級小型船舶免許・上級救命技能認定・第二級海上特殊無線技士・日本クジライルカウォッチング協議会理事・日本エコツーリズム協会推奨「このガイドさんに会いたい100人」

p_dolNAOMI 

st_naomi

某専門学校のエココミュニケーション科に就学中、水族館での研修や沖縄のシーカヤックツアーガイドのアシスタントを務める。2013年4月~5月、Sea-Tacで研修、 小笠原での業務や生活に魅力を感じる。
2014年3月、卒業とともに、Sea-Tacスタッフとなる。
まだ経験は浅いが、持ち前の頑張り精神で仕事を覚えて、こなしている。今後、ますますパワフルできめ細かいガイダンスが期待される大型スタッフ(文字通りの!)である。茨城県出身。

*PADIレスキューダイバー・BSNスノーケリングインストラクター・OWA認定インタープリター(IWO)・東京都自然ガイド・潜水士・一級小型船舶免許・上級救命技能認定・第二級海上特殊無線技士

p_dolSYUHEI

北海道の高校で酪農を学ぶ。某専門学校ドルフィントレーナーコースに就学中、ハワイでのドルフィンスイムツアー会社での研修や御蔵島でのツアー参加を経て、飼育下ではない野性のイルカに惹かれる。2016年9月、Sea-Tacで研修、スイムガイドの仕事にやり甲斐を見いだす。
2017年3月、卒業を機に、Sea-Tacスタッフ見習いとなる。
何もかも勉強中で、能力も未知数だが、イルカや自然への思いは人一倍。スタッフ中、もっとも背が高くもっとも若い新人である。大阪府出身。

*PADIオープンウォーターダイバー・潜水士・一級小型船舶免許・上級救命技能認定

p_dolVAL 

st_valベルジアン・タービュレン。人見知りするシャイな甘えん坊。 揺れる船は苦手だが、ホエールウォッチングとドルフィンスイムの経験有り(クジラやイルカを生きものとして認識してたかどうかは、不明)。
チーズとほねっこをこよなく愛する、Sea-Tacの看板娘。
特技:イヤなことは見ない振り。
皆に可愛がられて幸せな13年をおくり、06年、天国へ旅立つ。

p_dolWEL 

st_welベルジアン・タービュレン。VALの妹分として、08年、Sea-Tacに加わる。人も犬も大〜好きで、遊びたがりのやんちゃ娘。桟橋から初めて乗ったDancing Whaleで、いきなり落水。すぐに犬かきができたのは、さすが(!?)。
良くできたお姉ちゃんと比べられてばかりの不運な妹でもあるが、本人はあまり気にしてない(と思われる)。
特技:留守中にする、創意満点のイタズラ。訪問者への激しいぺろぺろ攻撃。

PAGETOP
Copyright © Sea-Tac All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.