小笠原の水先案内人
  • ドルフィンスイム
  • ホエールウォッチング
  • ホエールウォッチング
  • Dancing Whale
  • ジニービーチ

p_dolドルフィンスイム

ミナミハンドウイルカ小笠原で会えるのは、野生のイルカです。水族館の飼育イルカとは違い、餌を使って馴致していません。どこまで近付いてくれるか、どんな行動を見せてくれるか、イルカ次第です。

p_dolホエールウォッチング

2011.04.17地球上でもっとも大きな生きもの「クジラ」にとって、小笠原の海は生まれ故郷です。この青い海で、集い、歌い、競い、愛を得て、命を育むクジラたちに、ぜひ遭いにいらして下さい。…

p_dol安全対策について

2015_06_20_1私どもは、常にお客様の安全確保を最優先にしてツアーを催行します。 小笠原でのガイド歴30年の経験をもとに、ツアーを企画、開催しています。 ツアーは、当社規定の運航基準と安全基準に基づいて催行します。…

p_dol料金・ご予約

2014_08_21-2Sea-Tacのボートは、クジライルカ専用に設計されました。定員は24名ですが、乗客定員は15名に限っています。複数のスタッフがきめ細かくお世話しますので、安心してゆっくりお楽しみください。…

p_dol小笠原旅行情報・リンク

2012.11.02小笠原へは、定期船のおがさわら丸に乗ります。航空便はありません。東京の竹芝桟橋からほぼ6日に1便の割で出ていて、父島までおよそ25時間半の船旅です。…

p_dol小笠原のイルカ・クジラ

2014_08_29-3小笠原近海には20〜25種類ものイルカ・クジラが生息しています。Sea-Tacが今までに観察したいろいろなクジラ類の情報や貴重な生態写真をご覧下さい。…

p_dol世界のイルカ・クジラ

08.12.al-2Sea-Tacでは、研修として、海外のホエールウォッチやドルフィンスイムに行っています 。このページは、これまで訪れたウォッチングポイントのレポートです。…  

このごろの小笠原 blog

アクティブ

ゴールデンウィーク初便が到着しました。5月7日までは、大勢の観光客で島は活気にあふれることでしょう。今日は、曇りがちとはいえ、時々、晴れ間が覗きます。シーズン終盤のザトウたちとどんな出会いがあるか、期待を寄せての出港です。

2016_04_28_6

おが丸ナイト

今年6月末で、19年間にわたって東京と小笠原を結び続けた二代目おがさわら丸が新船に交代します。同時に、ははじま丸も新しくなります。 それを機に、「ありがとう!おがさわら丸・ははじま丸キャンペーン」として、4月から6月の毎 …

2016_04_15_3

交尾ガメ

この時期、海面がこんもり盛り上がっていたら、それは交尾中のアオウミガメたちかもしれません。アオウミガメは、本州沖から繁殖のために、続々と小笠原に帰って来ています。今は、交尾シーズン真っ最中です。

2016_04_12

クジラ幟

ザトウクジラのウォッチングシーズン中は、Bしっぷの前にクジラ幟が翻ります。前を通るたびに、空への泳ぎっぷりを見上げます。今日の幟はお休みがちで、真横に泳いでいません。でも、このクジラが見事にぐいぐい泳いでいるときは、それだけ風が強いということです。

2016_04_10

祈り

この海で亡くなった方の三回忌です。鎮魂の思いをこめて、レイを流しました。心からご冥福をお祈りいたします。

2016_04_07
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Sea-Tac All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.