小笠原の水先案内人

安全対策について

t_anz_0910私どもは、常にお客様の安全確保を最優先にしてツアーを催行します。

p_dol安全基準

ツアーは、当社規定の安全管理規程 *注1 と安全基準 *注2 に基づいて催行します。 当日早朝に海況と天気図をチェック、荒天の場合や荒天が予想される場合はツアーを中止、またはツアー内容やコースを変更します。 ツアー内容やお客様の人数など諸状況に適切なスタッフ人数を配置いたします。 各スタッフは、レスキュー技術を学び、定期的にレスキュートレーニングを行っています。また、万一に備えて、上級救命技能を取得しています。

p_dolお客様について

事前アンケートで、参加者の遊泳力やスノーケリング経験の有無をお聞きします。 当日には、健康状態を確認します。 安全で楽しいツアーを行えるよう、スタッフが船上と海上におけるセーフティトークをいたします。 わかりにくいところ、聞き逃したところはいつでもご質問下さい。 海で泳ぐ前に、準備運動をいたします。 また、海では、バディシステムをとっていただきます。 スノーケリング初心者は、ライフジャケットの着用をお願いします。 そのうえで、水面での呼吸の練習を充分にしていただきます。 ドルフィンスイムツアーに参加される前には、スノーケリングレッスンツアーで練習されることを強くお勧めします。 また、マッコウウォッチングツアーとオフショアツアーでは、スノーケリング未経験のかたはご参加いただけません。 オフショアツアーでは、高齢のかた、幼少のかたもご遠慮いただきます。

p_dol装備

お客様が安全かつ快適に泳いでいただけるよう、以下をご用意しています。 三点セット ウエットスーツ ライフジャケット ビート板 レンタル器材は常に使いやすいものを検証し、定期的に点検、管理しています。 スタッフは、お客様を補助するために、レスキューボードを用意しています。 船上には、救急キットを常に備えています。 緊急時にすぐ要所に連絡がとれるよう、船舶電話と防水携帯電話もあります。

p_dol傷害保険

ツアーに参加されるお客様のために、傷害保険と賠償責任保険に加入しています。 この安全対策は、毎年、スタッフ間の協議によって内容を見直し、改善します。

*注1 安全管理規程は、明確な方針に基づき、当社の船舶の安全を確保することを目的に定めたものです。
*注2 安全基準は、ツアー催行にあたって、参加者の安全を確保するために当社及び当社スタッフが遵守すべき基準です。
安全管理規程を見る →
安全基準を見る →

PAGETOP
Copyright © Sea-Tac All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.