小笠原の水先案内人

1月から4月のドルフィンスイムについて

IMG_9302小笠原では、冬から春にかけて風が強く、海が荒れやすいです。波のためイルカの遭遇率は低くなりますし、スイム環境もハードです。
スノーケリング初心者は、ぜひとも、前もってスノーケリングレッスンツアーにご参加ください。

p_dolザトウウォッチング&ドルフィンツアー

ds_01_2_9878Sea-Tacでは、1月から5月上旬のゴールデンウィークまで、ザトウウォッチング&ドルフィンツアーを催行します。父島列島沿岸を、ザトウクジラとイルカを探して走ります。 ミナミハンドウイルカと会ったときはスイムも可能ですが、水温も気温も低く、波があり、透明度も夏ほど良くありません。

p_dolスイム

この時期のドルフィンスイムは、原則として、練習の必要がないスノーケリング経験者を対象としています。荒れがちな海へのエントリーやエキジットも、それなりの慣れが必要となるでしょう。
また、泳いだあと濡れた体で北風に吹かれると、かなり冷え込みます。くれぐれも暖かい身ごしらえをなさってください。

p_dolベストシーズン

来島の目的がドルフィンスイムでしたら、5月以降をお勧めします。ベストシーズンは、6月から10月です。
1月から4月は、ザトウクジラが目的で、そのついでにイルカとも泳げたらいいなという、スイム熟練者に向いています。

PAGETOP
Copyright © Sea-Tac All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.