小笠原の水先案内人

ホエールウォッチング-マッコウクジラ

t_sw01_9931マッコウクジラは、通年、小笠原近海を回遊しています。 父島列島から10キロ以上離れた外洋域なので、ウォッチングツアーは海況が穏やかな夏から秋に催行します。
ツアーでは、半日を沿岸域でイルカを探し、半日は外洋域でマッコウを探します。

p_dol繁殖集団

マッコウクジラは、性別と年齢によって生息海域が異なります。 小笠原でよく見られるのは、8〜12mの雌と若者たちの繁殖集団です。中には、生まれて間もない5mくらいのベビーもいます。まれに、はるばる極北の海から交尾のためにやってくる成熟雄がいて、15mにもなるその大きさに驚かされます。

p_dolウォッチング

sw_01_2926

マッコウが見られるのは、水深1000m以上の海域です。 彼らは深く潜って、イカなどの餌をとっています。
浮上すると10数回から数10回も呼吸し、やがて尾を高く上げて潜ると、30分から1時間以上も潜り続けます。
ときには、ブリーチやテールスラップのアクティブな行動をします。
好奇心の強いマッコウが、船に興味を示すことがあります。 水面上に頭を突きだしてこちらを観察しています。 もっと近付いてきたときには、船上からでも、かれらの四角い頭から全身が水面下にはっきりと見えます。シワだらけの皮膚についたたくさんの白い傷は、生きるための闘いの激しさを思わせます。

p_dolマッコウ以外にも

sw_01_1224外洋域では、アカボウクジラ・オキゴンドウ・コビレゴンドウ・マダライルカ・シワハイルカ・サラワクイルカなど、珍しいクジラやイルカに出会うこともあります。
沿岸域では、ミナミハンドウイルカとハシナガイルカを探します。 スイムチャンスもあるかもしれません。スノーケリング初心者は、前もってスノーケリングレッスンツアーかドルフィンスイムツアーに参加して練習なさることをお勧めします。

p_dol海域公園

ランチ休憩は、海域公園でとる予定です。 このとき、スノーケリングもお楽しみ下さい。初めての方でもサカナウォッチをしていただけます。

*南島上陸は予定していません。

p_dolシーズン

sw_01_0949

Sea-Tacでは、海況が穏やかになる6月から11月までのあいだの不定期に、マッコウクジラウォッチングツアーを行っています。具体的なツアー日程はお問い合わせ下さい。
珍しいクジラやイルカに会えるかもしれない、小笠原ならではの遭遇をお楽しみ下さい。

*マッコウクジラもイルカも野生生物ですので、会えないことがあります。 また、マッコウツアーを催行予定でも、当日の海況が悪いときは、沿岸域のみのドルフィンスイムツアーに変更させていただきます。

 

PAGETOP
Copyright © Sea-Tac All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.