小笠原の水先案内人

スノーケリングについて

t_ds05_05ここでは、ドルフィンスイムに必要不可欠なスノーケリングについて解説しましょう。

p_dolスノーケリングとは

ds_05_01

スノーケリングとは、三点セット(マスク・スノーケル・フィン)を使って、水面を泳いだり水中に潜ったりして、海の中を観察することです。
スノーケリングでは顔を水につけたまま呼吸ができますし、疲れたら水面で浮かんで休めます。長時間、海中の景色やサカナウォッチを楽しめます。
ドルフィンスイムのときは、三点セットをつけて海に入ります。

p_dolマスク(水中メガネ)

ds_05_02

マスクは、水泳用ゴーグルと違って、鼻まで覆われます。 ですから、鼻から息を吸えません。鼻から吐くとマスクが曇ってしまうので、口だけの呼吸に慣れましょう。
もしこれからマスクを買うのなら、多少値段が高くても、顔に合ったしっかりしたものを選んで下さい。安いマスクは、水が入りやすかったり視野が狭かったりします。
せっかくイルカが近付いて来たのに、マスクが見づらくて肝心のイルカを見損ねた、なんてことがあります。初心者ほど、信頼ができるマスクで練習を始めましょう。

p_dolスノーケル

ds_05_03

スノーケルは単純な、ただの筒です。でもこれを使いこなせたら、こんな便利な道具はありません。
2つのポッチを軽く歯で噛んで、マウスピース全体を唇でしっかり覆います。これで、水面に顔をつけたままで呼吸できます。
でも、波をかぶったり潜ったりして筒先が水面下に没すると、水が入ってきます。その水を吹き飛ばす方法がありますので、初めてのかたは前もって練習しておきましょう。

p_dolフィン(足ヒレ)

ds_05_04

小さな力でより大きな推進力を得るための道具です。 磯遊びもするならマリンブーツ+フィンの組み合わせがいいでしょうけど、ドルフィンスイムやボートからのスノーケリング専門なら素足に柔らかいゴムフィンがベストです。イルカが現れたらすぐ準備できますし、水面でもあまり飛沫を上げなくてすみます。
初心者は、最初から気張って大きいフィンにするのは避けましょう。大きいフィンを扱うには、それなりに脚力が必要です。フィンを履いたまま船上で動くのにも、慣れていないと転びやすいです。先ずは、素足に小さめの柔らかいフィンから練習して、上手になったら、徐々に大きいフィンに変えましょう。
フィンをつけたら、膝や足首を曲げずに、ゆっくり大きなバタ足をしましょう。水面をばちゃばちゃ叩いたり、自転車こぎになったりしないよう、気をつけましょう。

p_dol潜る

三点セットをつけて水面で泳げるようになったら、次は潜ってみたくなるでしょう。 潜るコツは、重力をうまく利用して、無駄なエネルギーを使わないことです。力任せに無理矢理潜ると、それだけで息が切れてしまい、すぐ浮上することになります。
上手な潜り方については、Sea-Tacのスノーケリングレッスンツアーでご指導しています。

PAGETOP
Copyright © Sea-Tac All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.