小笠原の水先案内人
このごろの小笠原 blog

月別アーカイブ: 2017年8月

夏のフルコース

今日もベタ凪です。さあ、どこへ走りましょうか。南島沖にイルカがいるという情報が入りました。行くと、見失ったとのことでしたが、回りを探して見つけました。2頭のミナミハンドウイルカです。海に入ると、1頭はシャイで離れたところにいますが、もう1頭は近付かせてくれます。

ベストコンディション

待ちに待った、ベタ凪の海になりました。どこへでも行けそうで、船で走ってるだけでわくわくします。まずは南島へ向かいました。扇池へ向かうアーチの下にも、全く波がありません。泳いでいくと、目の前に白砂の浜が広がります。上陸されないかたたちは、その間、沖で1頭のミナミハンドウイルカに

イルカの日

ちょっと風が吹き始めましたが、海は穏やかです。二見湾の沖で、1頭のミナミハンドウイルカを見つけました。さっそく、スイムです。水中でこちらを見ていて、ヒトとイルカと互いに観察しているようです。急に猛スピードで動き出したので、船で追うと、北で5頭と合流しました。

時間ギリギリまで

夏の日射しが眩しいです。湾を出たとたんに、ハシナガイルカの群がいました。100頭もが広がっています。イルカ同士で遊んでいたり、波に乗ったり。中には、まだ小さいベビーもいました。母さんにぴったり付いて泳いでいます。得意のジャンプを披露するイルカも。今日のハシナガたちはご機嫌ですね。

朝一番から

東京では雨模様のようですが、小笠原は好天に恵まれています。出港前にイルカの情報をもらいました。二見湾を出て、北に向かいます。瓢箪島の北西にミナミハンドウイルカとハシナガイルカの混群がいました。イルカたちは、じきにそれぞれに別れました。ミナミハンドウイルカを目指してスイムしましょう。

凪なのに

今日の海も穏やかです。二見湾を出て、兄島瀬戸に向かいました。まずは、キャベツビーチで体慣らしのスノーケリングをしましょう。Sea-Tacのツアー初参加のかたが多かったのですが、皆さま、お上手です。サカナに囲まれて、泳いだり潜ったりしていらっしゃいます。

川の字

8月らしい凪の海です。二見湾の外へ出たとたんに、ミナミハンドウイルカに遭いました。南浮磯で背ビレがあります。さっそく海に入ると、ジョーを先頭に6頭のイルカが近付いて来ます。横を通り、去ってしまいそうになっても、水中でUターンして戻ってきます。ヒトと一緒に回って遊んでくれました。

珍しい遭遇も

今日の海も穏やかです。どんな出会いが待ってるでしょうか。さっそく、野羊山沖でミナミハンドウイルカがいるとの情報です。すぐに向かいましたが、見失ったとのことで、4隻で手分けして探します。潜っている時間が長いイルカで、諦めかけたところでようやく他船が再確認しました。

ようやく凪

ようやく5号によるうねりが収まりました。さあ、穏やかな海でイルカを探しましょう。出港して、まず烏帽子岩沖でハシナガイルカの群に会いました。50頭が、アクティブにどんどん南へ動いています。船のすぐ横や下に、スマートな姿がよく見えます。晴れた日のハシナガイルカは、本当に美しい!

サメ池から

西のうねりが続いています。このところ、うねりのせいで南島へ上陸できずにいました。扇池を覗いては、荒れる波に泳ぐのを諦めていたのでした。今日は、サメ池から入ることにしました。喫水の浅いボートに乗り換えての上陸です。東尾根に登ると、真正面に扇池が見えます。

1 2 »
PAGETOP
Copyright © Sea-Tac All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.