小笠原の水先案内人
このごろの小笠原 blog

マッコウクジラ

良いコンディション

晴れて穏やかな海、さて、今日はどんな出会いが待ってるでしょうか。朝早くにミナミハンドウイルカがいたという情報を得て、まずは北を目指しました。瓢箪島から弟島まで捜し、孫島の手前まで行きましたけど、うーん、見つけられません。方向を変えて沖に行ってしまったのかしら。

穏やかで賑やか

今日の海も穏やかです。どんな出会いが待ってるでしょうか。イルカを探して南へ走りますが、見つけられません。南島を回り込んで、ハートロックを背景に記念撮影をしました。そこでぐるっと転換、また西へ戻ります。いったんスノーケリング休憩をとろうかとしたところで、他船からの情報がありました。

夏のフルコース

今日もベタ凪です。さあ、どこへ走りましょうか。南島沖にイルカがいるという情報が入りました。行くと、見失ったとのことでしたが、回りを探して見つけました。2頭のミナミハンドウイルカです。海に入ると、1頭はシャイで離れたところにいますが、もう1頭は近付かせてくれます。

珍しい遭遇も

今日の海も穏やかです。どんな出会いが待ってるでしょうか。さっそく、野羊山沖でミナミハンドウイルカがいるとの情報です。すぐに向かいましたが、見失ったとのことで、4隻で手分けして探します。潜っている時間が長いイルカで、諦めかけたところでようやく他船が再確認しました。

夏の三鯨種

昨日よりもいっそう海が凪ぎました。 ウェザー沖にハシナガイルカがいました。 40頭が、のんびりと休息モードです。 舳先にやってくると、そのシャープな身体がよく見えます。 中には、まだ小さい子イルカを連れた母イルカもいまし …

初マッコウ

今シーズン初めてのマッコウ&ドルフィンツアーです。 朝にウェザーステーションへ海況チェックに行くと、穏やかな海が広がっていました。 出港し、イルカを探しながら南へ走りました。 南丸根の辺りで、ミナミハンドウイルカを見つけ …

テールスラップ

うねりのせいで岸寄りは白くなってますが、沖は問題ありません。出港して、湾内でいきなりハシナガイルカです。80頭くらいが広がっていました。船にも寄ってくるし、ときおりジャンプも見せてくれます。仰向けになってテールスラップをしているイルカがいました。

厚い雲でも

厚い雲が広がっています。海はまだ穏やかですが、これから風が強くなり、荒れる予想です。その前にと、出港して、まっすぐ外洋域に向かいました。水深1000mラインを越えたところで、水中にマイクを入れていきます。3回目で、遠くのクリックが聞こえてきました。4回目で方向を見定めて、ブローを見つけました。

ブローを彩る

二見湾を出たとたん、沖にイルカのジャンプを見つけました。ハシナガイルカかしら?しぶきを目指して行くと、果たして、ハシナガイルカの群でした。大群が広がっています。100頭どころではないかも、150頭はいるでしょう。さて、どこのどのイルカたちをウォッチしようかと、船も迷ってしまいます。

水のカーテン

台風17号のうねりがずいぶんおさまりました。18号の影響がでるまで、束の間の穏やかな海となりそうです。出港前にハシナガイルカの情報をいただいたので、まずはそちらへ向かいます。50頭ほどの群れが、中通し島の沖でのんびりしていました。

1 2 »
PAGETOP
Copyright © Sea-Tac All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.