台風のうねりが来ています。
岸寄りは、白く濁っています。

2013_09_29_1
小港沖で、ハシナガイルカに会いました。
50頭が、行ったり来たりしています。
小さな子イルカもいて、母イルカの横で、水面に跳び上がるように呼吸しています。

2016_09_29_2
船にも近付いてきました。
舳先から真下や横を泳ぐスマートがイルカたちがよく見えます。
日中は休憩してることが多いハシナガたちですけど、今日は波があるぶん、活発です。

2016_09_29_3
あちこちでジャンプも見せてくれました。
このイルカは、あら、胸ビレに海藻をつけてますね。
遊んでるのかしら、それとも、私たちに見せびらかしているのかしら。

ジョンビーチとジニービーチを眺めて、南島へ回りましたが、海況は荒れています。
扇池も波が爆発していて、上陸は諦めました。

2016_09_29_4
キャベツビーチでスノーケリングタイムです。
水温が高く、ちょうど潮止まりで、ラクチンで泳げます。

西ではイルカの情報がないので、東を覗いてみましょう。
まだ誰も走ってない兄島の東へ行きます。
でも、家内見崎を回り込むと、こちらもうねりが回っています。
うーん、厳しい海況なので、Uターンしました。

滝之浦のバラ沈でランチにします。
バラ沈もいつもより濁ってますけど、沈船はいっそう雰囲気があります。
皆さま、沈船スノーケリングを楽しんで、どんどん潜ってらっしゃいました。

午後は、西側を北上しました。
兄島から弟島を走り、孫島瀬戸を通って、北東端まで行きましたが、イルカは見つけられません。
ミナミハンドウイルカはどこにいるのでしょう?

そこへ、ようやく情報が入りました。
某船が、南島の南端でイルカを見つけたそうです。
えー、私たちはこんな北にいるのに、そんな遠いところですか・・・。
でも、ぜひともイルカと泳ぎたい。
潮が変わって、海況も午前より良くなったとのことですから、行くことにします。

弟島から兄島、父島を通り過ぎて、一路、南島へ。
南丸根で、ようやく、イルカの背ビレを見つけました。
波はあるけど、今日のお客様は泳げるかたばかりです。
お待たせしました、さあ、泳ぎましょう!

2016_09_29_5
海に入ったら、すぐにイルカが寄って来ました。
きゃぁ、会えて良かった~。
ヤングが寄ってきて、回ってくれます。

2016_09_29_6
フレンドリーなイルカたちで、スイムを楽しめます。
透明度も抜群で、海底の白砂を背景にイルカたちがゆっくり泳ぎます。
海面をついていくと、すぐ横に浮上してくれました。

2016_09_29_7
あ! 8月に大きな怪我をしていた子イルカがいました!
あれ以来遭えてなかったけど、元気だったのね!
一ヶ月ぶりの子イルカは、もうだいぶ傷が治りかけています。
イルカの生命力、なんて逞しいのでしょう!

参考:8月25日に会ったときはこんな傷を負ってました。

  http://sea-tac.jp/dolphin/怪我したベビー/

2016_09_29_8
群れは、親子を守るように泳いでいきます。
子イルカは、甘えるように母イルカのおっぱいを飲んでました。
たくさん飲んで、大きく育ってね。

今日はミナミハンドウは見つけられないかも、と諦めかけた最後の最後の出会いでした。
しかも、ずっと気になっていた子イルカの元気な姿を見られたし、ヤングイルカと遊べたし。
船は港へ向かい、劇的な一日の幕を閉じました。