ようやく5号によるうねりが収まりました。
さあ、穏やかな海でイルカを探しましょう。

出港して、まず烏帽子岩沖でハシナガイルカの群に会いました。
50頭が、アクティブにどんどん南へ動いています。
船のすぐ横や下に、スマートな姿がよく見えます。
晴れた日のハシナガイルカは、本当に美しい!


群れの中には、ベビーもいました。
母イルカにぴったり付いて泳いでいます。
呼吸するときは、勢いよく上半身を出して浮上してきました。
元気に育ちますように。


ようやく扇池の波もなくなりました。
さあ、南島へ泳いで上陸しましょう。
アーチの下には、ギンユゴイやミナミイスズミ、ナンヨウブダイなど、たくさんのサカナがいます。


上陸されないハードリピーターさんたちは、その間、回りでイルカを探します。
南丸根で、1頭の背ビレを見つけました!
でも、スイムの用意をしてるうちに見失ってしまいました。
残念!


上陸組が戻られてから、霊岩のあたりでミナミハンドウイルカ2頭に遭いました。
水中に入ると、まっすぐ来て並べます。
去ってしまいかけたのに、また戻ってきて、誘うと回って遊んでくれました。
透明度も良く、水温も高く、気持ち良いスイムです。


ハードリピーターの女性陣が、上手にイルカに近付いています。
眼を合わせながら並んで泳ぐ、幸せな時間です。


男性陣も負けていません。
タイミングを合わせて潜っていきます。
イルカたちも楽しそうです。


南島の西を回ってから、ジョンジニーを眺めて、兄島瀬戸へ走りました。
キャベツビーチでランチとスノーケリングです。
ここにしては珍しく、27℃を超える水温です。
体が冷えることなく、いつまでも泳いでいられます。


兄島瀬戸を東からイルカがやってくるという情報をもらいました。
あらまぁ、もうすぐそこにイルカたちがいます。
急いで用意をして、海に入りましょう。
7頭のイルカが泳いできました。
ビギナーさんも、イルカに近づけています。


アダルトがこちらを見ながら誘ってきました。
ご機嫌ですね。
海中で、イルカと一緒に回ります。


ずいぶん小さなベビーがいると思ったら、ハシナガイルカでした。
またミナミハンドウがハシナガベビーを誘拐したようです。
このところ、毎年、確認されている現象です。
近付こうとするとベビーを隠すので、なかなか撮れません。
他のイルカも割り込んで来て、邪魔をします。


滝之浦のバラ沈で、スノーケリングをしました。
サンゴを見たり沈船を見たり、それぞれずいぶん長く泳いでらっしゃいます。
泳いだあとは、アフタヌーンティタイムです。


日射しが強い海で、たくさんのイルカに遭えました。
ようやく8月らしくなりました。
この凪ぎが続きますように!