小笠原の水先案内人

このごろの小笠原 blog

  • HOME »
  • このごろの小笠原 blog

ツアーからお見送りへ

雨が降り雷鳴が聞こえるというコンディションに、果たしてツアーを催行できるかと危ぶみましたが、出港時には小降りとなり、青空も覗きました。天候にはハラハラさせられましたが、昨日の波はだいぶ収まりました。お客様もリピーターさんばかりで、泳力にまったく問題ありません。二見湾を出て南下し、南島の西でイルカの

カメもイルカも

南西の風が強く、波があります。二見湾を出て南下しかけましたが、向かい波が大きくて方向を変えました。北上して、波の小さな瓢箪島の北でイルカを探しました。弟島の黒浜まで行きましたけど、イルカはいません。滝之浦へ入って、海面にカメを見つけました。アオウミガメが、黄色のプラスチックケースに頭を突っ込んでいます。

野生のイルカたち

二見湾を出る前に、アオウミガメを見つけました。 船に気付いていないのか、気付いても頓着していないのか、微動だにしません。 おもむろに頭を上げて呼吸をしてから潜っていきました。 湾を出てすぐ、野羊山でミナミハンドウイルカを …

良いコンディション

晴れて穏やかな海、さて、今日はどんな出会いが待ってるでしょうか。朝早くにミナミハンドウイルカがいたという情報を得て、まずは北を目指しました。瓢箪島から弟島まで捜し、孫島の手前まで行きましたけど、うーん、見つけられません。方向を変えて沖に行ってしまったのかしら。

青い海に抱かれて

海況も天候も申し分ない1日の始まりです。 出港して、まずは潮が高いうちに南島へ泳いで上陸しました。 扇池には人影もなく、美しいこの景色を独占です。 サンゴダストの砂浜の上には、ヒトの足跡ではなく、子ガメの足跡がたくさん残 …

沿岸域で

南風が強く吹いていますが、沿岸は穏やかです。出港するや否や、イルカの情報がありました。瀬戸出口にハシナガイルカとミナミハンドウイルカがいるそうで、さっそく向かいました。ハシナガイルカは100頭もいたでしょうか、やや広がっています。船を囲んで浮上して来ます。海面をまず長いクチバシが割り、あとからシャープな全身が現れます。

イルカだらけ

二見湾から出てすぐ、イルカの情報が入りました。 小港沖にハシナガイルカです。 50頭ほどの群れが2つに別れて泳いでいます。 ハシナガたちは、さかんにイルカ同士で追いかけっこしています。 舳先の波に乗りに来たと思ったら、勢 …

穏やかで賑やか

今日の海も穏やかです。どんな出会いが待ってるでしょうか。イルカを探して南へ走りますが、見つけられません。南島を回り込んで、ハートロックを背景に記念撮影をしました。そこでぐるっと転換、また西へ戻ります。いったんスノーケリング休憩をとろうかとしたところで、他船からの情報がありました。

ぎゅぎゅっと

スノーケリングビギナーさんがいらしたので、まずは練習のためにスノーケリングタイムを取りました。 とびうお桟橋を出てすぐの枝サンゴに船を停めました。 スギノキミドリイシだけの大群落を見られる、世界的に珍しいポイントです。 …

濃霧に囲まれて

今朝の父島は濃霧が発生し、少し先も全く見えない状態です。 どこを向いても一面真っ白、霧に囲まれての出港です。 ゆっくりと兄島まで行くと、靄が山を駆け上っていく様子がわかります。 なんとも神秘的な1日の始まりでした。 霧を …

« 1 2 3 21 »
PAGETOP
Copyright © Sea-Tac All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.